読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠障害の見る夢

夜(nokt-o)のブログです。絵描きになりたい。

藍坊主「ジムノペディック」

藍坊主

記念すべき?最初のレビューは藍坊主というバンドの楽曲、「ジムノペディック」。

どの楽曲にしようか悩んだのだがやはり今一番好きな曲を聞かれたときの答えが適当だろうと。

このブログを見る人が藍坊主というバンドを知っているか知らないかで記事の書き方が変わってくるような気もするが、面倒なので徹底してこの楽曲のみに絞ったレビューをしようと思う。

 

いまや初めて聞いた時の感想は思い出せないかもしれない、それでも衝撃を受けたということは思い出せる。

どうしてもこの楽曲を語る際に芸術性、綺麗さといった言葉が出てきてしまう。おそらくはもっと適当な日本語があるのだろうが私の語彙が貧弱なばかりにどうも奇妙な文章になってしまう。

兎にも角にも、「綺麗」というのがこの曲の感想なのだ。

私にバンドサウンドの知識は全くなく詳しい人からは何を言ってるんだと突っ込みを受けるかもしれないが、なんとか魅力を伝えていきたいと思う。

 

イントロはピアノの旋律から始まるこの楽曲は個人的には藍坊主の最高傑作であると勝手に断定している。

まあそれはhozzyの哲学的な思想とか藍坊主の曲の在り方を知った上での話であるが。

はっきり言って、この曲の詞はよくわからない。だから歌詞を見ながら聞いても「深いなぁ~」とか頭の悪そうな奴が言いそうな感想は出てこないはずだ。

この曲を初めて聞く人は何があってもサビまでは聞いてほしい。

こういうとまるでサビが別格のように聞こえてしまってあまりよくないのだが、Aメロまで聞いて「別に…」というところで聞き終えてほしくないのだ。

この曲の魅力の一つにサビの盛り上がりが上げられるだろう。

何か閉塞的なAメロからサビに向けてサウンドは広がりつつも水面下で落ち着いているのがサビで一気にvo.hozzyの声も相まって開放的になる。サビのコーラスはこの楽曲の綺麗さに拍車をかける。

藍坊主というバンドの良さにvoであるhozzyの声がある。

彼の透明感を持ちつつ芯のある声は藍坊主の楽曲により一層の磨きをかける。

最近の流行の女々しい声のバンドと違って特に高音部での発声は綺麗でありながらもナヨナヨしさが全くない。

このジムノペディックは藍坊主の楽曲の中でも音程が高い部類に入る、そのためhozzyのボーカルが冴えわたるというわけだ。

サウンド面では最初にも言ったように鮮やかなピアノの旋律が随所で散りばめられていて楽曲の芸術性(何故か低俗に聞こえる)を高めている。一度聞くとピアノの音が印象的なこの楽曲であるが以外にもピアノの旋律部分はイントロアウトロ以外では少ない。それ以上にバンドサウンドがこの楽曲の綺麗さを高めているのだ。

サビ直前のギターのスクラッチ、ドラムロール、こういった要素がサビの盛り上げに貢献している。そのサビでは(サビ以外もだが)ベースが動く動く。

 

そしてなによりCメロからは圧巻。

上記で触れた歌詞だが、このジムノペディックに対してはその雰囲気に見事に一致している。

こういう歌詞自体は藍坊主では珍しくないのだが、ここまで曖昧なのはそうないだろう、しかし曲の芸術性には助力している。

 

何度聞いても、おそらく何年経ってもこの曲に飽きるという日はこないだろう。

本当なら「この曲すげーよ!なんかすげーよ!」というのをかみ砕いたのがこうなるのだが、見事にちぐはぐである。

言い訳をさせて貰えるなら、この曲はなによりも感性で評価するべきところであるから言葉にし難いというところ。

 

最初ということで何がいいたいやらよくわからないしお前が一番好きな曲がこれしか語れないのかとかいろいろあるがここらへんで。