睡眠障害の見る夢

夜(nokt-o)のブログです。絵描きになりたい。

Bloodborne 神秘キャラ属性派生メモ

Bloodborneにおいて、武器を属性派生させるときの自分用メモ。

Bloodborne 血質キャラ武器メモ

血質キャラでどの武器をどういう風に使うかと、その血晶選び。 左手武器も考えてみます。

Bloodborne 筋神キャラ武器メモ

筋神キャラでどんな武器を使い、そのためにどんな血晶石が必要で、どんなマラソンを必要とするか。 という自分用のメモ。

Bloodbonre 新キャラメモ

自分用です。

炭酸水れびゅー

最近なぜか炭酸水にはまってしまったので覚書も兼ねて。 自分の場合、水を飲むのに物足りなくなってきて香り付きの炭酸水をジュース代わりに飲み始めたのがきっかけです。 最初に断っておくことですが、私は「香り」と「炭酸の刺激」も味の一種だと思ってま…

味玉のタレ

ベースめんつゆ(昆布) 鶏ガラ顆粒 あごだし顆粒 こんそめ顆粒 ナンプラーすこし ポン酢すこし きざみしょうが 砂糖 味の素 なんぷらーとポン酢は隠し味程度 顆粒系をおおめに

Bloodborne 装備セット

ほぼ自分用のメモです。 属性防御や各種耐性を気にする場合は一式で揃えればいいので、見た目だけを追求したおしゃれセット。 中二な脳内設定も載せておきます。ブラボはロールプレイが大事。

就活が終わったらしたいことtodoリスト

そのまんまです。

ブラボ 聖杯メモ

fyg49k5z 全盛り深きローラン ボス1層かわけも 2層4脚銀獣 3層黒獣 3層道中で隠し道から宝箱(木箱) 傾雷光 欠損

モンスト英雄の書考察

モンストで好きなキャラにわくわくをつけることができる英雄の書を使うキャラについて個人的考察。

創作用メモ

ちょっとHPに乗せる前に草案

Bloodborne 自分用todo

もはやブログではない?

bloodborne 自作聖杯探索録

タイトルのまんまです。 8割自分用

理想と現実

予防線を張らせて頂きますと、徹夜明けの頭なもので論理的思考が出来ていないかもしれません。 こちらの内容と、合わせてtwitterで見た意見について。

HP開設

創作がしたくてHPつくりました。 dreamed-somnipathist

生存報告

ちょっと目を離すとすぐにサボる。 やっぱりtwitterは偉大だ。 最近は八十八ヶ所巡礼を聴いています。

モンスト妄想

キモいだろうけどこういう妄想が好きなんです

目の数

きっかけはなんだろうか。 とりあえず、なぜ生き物の目は二つなのだろうと思ったところが始まりだ。 勿論、虫はその限りでないが。 たしか、昔読んだ本では、草食動物は広い範囲を見渡すために顔の横に目がついていて、肉食動物はより立体的に獲物を捉える為…

絶望で生きている

恥ずかしい限りの叫びです。

tap titansというスマホゲーム

別に攻略とかじゃあありません。 このゲーム、少し前に話題になったクッキークリッカーと同じタイプのタップゲームなんですが、非常に作り込みが丁寧で良作だと思います。 以下にその特徴を。

最後の記事が99日前とか出てびっくりした、こりゃいかんね。 言い訳すると多分twitterのせいになる。 私の思考は短絡的な物が転々とするものだと考えている、こういうブログは向いてないのかもしれない。 そもそものきっかけがまとまった文章書きたかったと…

気づいたら前回から1か月以上たってて驚いた。 ほんとうに忙しいときというのはあっという間だ。 特に書くことはない。 最近はヒガシズムを聴いている。

スマブラ for 3DS ガノンドロフ考察

話題のスマブラをやってます。 いろいろ過程はあったのですが今はルーペおじさんを使いこなそうと模索中。 いろんなとこがうろ覚えなので話半分に。

ほんの少し前までディスクレビューとかいってたのにこの様だ。 まあもともと日々思ったことを書くような備忘録が欲しいと思ってはいたのでちょうどいいといえばそうなのだが。 なにせ、自分は人よりも思考に更けることが多いように思う。 ほらまた思った。 …

4ヶ月前の自分

どうしてもこの季節に慣れる事は出来なそうだ 何かを成し遂げなくちゃいけないような焦燥に駆られて そんなことしなくてもいいのに 考えているだけで押しつぶされそうな不安と希望を抱えて いつも不安しか見つめることができずに答えは出さず 何もせず その…

いつかの誰か

昔々、とある少年は規則正しい生活を送っていた。 その少年は日の出を見たことはあっても、日付が変わる瞬間を経験したことはなかった。 時は過ぎ、少年の好奇心はついにこっそり夜更かしするという行動へ導いた。 確認するのは手元の目覚まし時計、電気を消…

藍坊主「ジムノペディック」

記念すべき?最初のレビューは藍坊主というバンドの楽曲、「ジムノペディック」。 どの楽曲にしようか悩んだのだがやはり今一番好きな曲を聞かれたときの答えが適当だろうと。 このブログを見る人が藍坊主というバンドを知っているか知らないかで記事の書き方…

about

このブログはおよそ不特定のアーティスト、バンドの楽曲、ディスクレビューを目的とする。 音楽は芸術であるからその良し悪しは感性によるもので言葉にするのは粋でない気もするし、そもそも上手く言葉にできないかもしれない。 それでもまとめたいと思うの…